三越 左千夫(読み)ミツコシ サチオ

20世紀日本人名事典の解説

三越 左千夫
ミツコシ サチオ

昭和期の詩人,児童文学作家



生年
大正5(1916)年8月24日

没年
平成4(1992)年4月13日

出生地
千葉県香取郡大倉村(現・佐原市大倉)

本名
三津越 幸助(ミツコシ コウスケ)

学歴〔年〕
旧制中卒

経歴
雑誌記者などを経て詩作に専念する。「薔薇科」などの同人となり、童謡・童詩誌「きつつき」を主宰。またNHK「音楽夢くらべ」の詩の選と補選を12年間する。詩集に「柘榴の花」「夜の鶴」などがあり、童話に「あの町この町、日が暮れる」「ぼくはねこじゃない」「かあさんかあさん」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

三越 左千夫 (みつこし さちお)

生年月日:1916年8月24日
昭和時代の詩人;児童文学者
1992年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三越 左千夫の関連情報