コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪休雪(11代) みわ きゅうせつ

美術人名辞典の解説

三輪休雪(11代)

陶芸家。明治43年(1910)山口県生。本名は節夫。長兄の十代休雪(のち休和)に師事、その後の一時期川喜田半泥子にも師事。昭和42年兄の後を継いで十一代休雪を襲名。江戸初期からの伝統をもつ萩焼三輪窯を継承する。日本工芸正会員。山口県無形文化財萩焼保持者。紫綬褒章受章。人間国宝

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪休雪(11代) みわ-きゅうせつ

1910-2012 昭和-平成時代の陶芸家。
明治43年2月4日生まれ。兄三輪休和(10代休雪),川喜田半泥子(はんでいし)に師事。萩(はぎ)焼の伝統をうけつぎながらも,白釉(はくゆう)と大胆な造形で注目される。昭和32年日本伝統工芸展に初入選。42年11代をつぐ。58年人間国宝。平成15年長男竜作に休雪(12代)の名をゆずり,寿雪と改号。平成24年12月11日死去。102歳。山口県出身。本名は節夫(さだお)。作品に「白萩沓形筆洗切茶碗」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三輪休雪(11代)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門三輪休雪(12代)萩陶芸家協会三輪 休和