コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪可墨

美術人名辞典の解説

三輪可墨

幕末・明治の画家。尾張生。通称は喜兵衛。はじめ刀剣を商ったが維新後は名古屋博物館古画管掌につとめる。画は山本鉄山および梅逸に師事し、のち小島老鉄・木下稼雲に学んだ。書画収蔵で知られ、また鑑識にも精通していた。明治34年(1901)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android