三輪可墨

美術人名辞典の解説

三輪可墨

幕末・明治の画家。尾張生。通称は喜兵衛。はじめ刀剣を商ったが維新後は名古屋博物館古画管掌につとめる。画は山本鉄山および梅逸に師事し、のち小島老鉄・木下稼雲に学んだ。書画収蔵で知られ、また鑑識にも精通していた。明治34年(1901)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android