コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円左(初代) さんゆうてい えんさ

1件 の用語解説(三遊亭円左(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三遊亭円左(初代) さんゆうてい-えんさ

1853-1909 明治時代の落語家。
嘉永(かえい)6年生まれ。初代三遊亭円朝の弟子となり,理朝(一説には鯉朝),米朝,飩朝(どんちょう)をへて円左を名のる。明治19年真打。38年4代橘家円喬(たちばなや-えんきょう)らと落語研究会をつくった。人情味のある落とし噺(ばなし)を得意とし,新作も演じた。明治42年5月8日死去。57歳。江戸出身。本名は小泉熊山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三遊亭円左(初代)の関連キーワード桂文枝(2代)三笑亭可楽(5代)三遊亭円馬(初代)三遊亭円遊(2代)春風亭柳枝(2代)笑福亭仁鶴橘家円蔵(2代)橘家円太郎(3代)遠山弘湖林屋正蔵(4代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone