三遊亭円生(1世)(読み)さんゆうていえんしょう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三遊亭円生(1世)
さんゆうていえんしょう[いっせい]

[生]明和5(1768)
[没]天保9(1838).3.21.
落語家。通称橘屋松五郎。東亭八ッ子 (とうていやっこ) ,1世三笑亭可楽烏亭焉馬 (うていえんば) 門を経て,三遊亭円生として独立。「身振り声色芝居掛り鳴り物入り」元祖を名のる。三遊派の祖。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android