コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円生(1世) さんゆうていえんしょういっせい

1件 の用語解説(三遊亭円生(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三遊亭円生(1世)
さんゆうていえんしょういっせい

[生]明和5(1768)
[没]天保9(1838).3.21.
落語家。通称橘屋松五郎。東亭八ッ子 (とうていやっこ) ,1世三笑亭可楽烏亭焉馬 (うていえんば) 門を経て,三遊亭円生として独立。「身振り声色芝居掛り鳴り物入り」元祖を名のる。三遊派の祖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三遊亭円生(1世)の関連キーワード斑糲岩蒲生君平硫黄山(いおうやま)雨月物語香川景樹カナレット蒲生君平クックグルカ斎藤彦麿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone