三遊亭円遊(5代)(読み)さんゆうてい えんゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三遊亭円遊(5代) さんゆうてい-えんゆう

1878-1945 明治-昭和時代前期の落語家。
明治11年8月28日生まれ。初代三遊亭小円遊の門にはいり,小蔵,小伝遊を名のる。明治37年真打。初代三遊亭遊三(ゆうざ)の門下となり,2代三遊亭三福,月の家円鏡とあらためる。大正14年5代を襲名した。昭和20年3月17日死去。68歳。本名は伊藤金三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android