コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭金馬(4世) さんゆうていきんば[よんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三遊亭金馬(4世)
さんゆうていきんば[よんせい]

[生]1929.3.19. 東京
落語家。本名松本龍典。1941年 3世三遊亭金馬に入門,前座名は山遊亭金時。師匠が東宝専属だったため,東宝名人会の楽屋で前座修業する。1945年二つ目に昇進(戦後初の二つ目),三遊亭小金馬と改名。この頃,腹話術で人気者となる。1956年,バラエティ番組『お笑い三人組』(日本放送協会 NHK)に一龍斎貞鳳,3世江戸家猫八と出演,全国放送で人気者となる。1958年真打ちに昇進。1967年 4世三遊亭金馬を襲名。襲名を機に落語協会に加入する。古典落語に精進し,6世三遊亭円生のもとへ稽古に通い,1970年『淀五郎』で芸術祭賞優秀賞受賞。得意ネタは師匠譲りの『薮入り』『茶の湯』,正月しか口演しない『七草』,新作落語『子なさせ地蔵』(大野桂作),『病気を楽しむ男』(名和青郎作)など。2000年勲四等瑞宝章受章。2004年日本演芸家連合会長に就任。著書『金馬のいななき』(2006)など。(→落語

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三遊亭金馬(4世)の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android