コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県いなべ市 いなべ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕いなべ〈市〉(いなべ〈し〉)


三重県最北端の市。
岐阜県、滋賀県に接する。市の中央を員弁(いなべ)川が流れ、西部に鈴鹿山脈、東部に養老山地がある。三岐鉄道の三岐線、北勢線が通じる。2003年(平成15)12月、員弁郡の北勢町、員弁町、大安町、藤原町の4町が合併・改称して成立。「いなべ」の名前は古代の豪族猪名部(いなべ)氏に由来するともいう。稲作のほか、酪農・養鶏などの畜産が盛んで、大安町地区には孵卵(ふらん)・育雛(いくすう)農場がある。花木・茶・サトイモなどの栽培や漬物生産も行う。鈴鹿山脈の藤原岳東腹に石灰石鉱山があり、東麓にセメント工場が操業。電機・機械・化学・金属・輸送用機器などの工場もある。西部の山地は鈴鹿国定公園の一部。竜ヶ岳山麓には宇賀渓もあり、キャンプの好適地。藤原岳北東麓には藤原岳自然科学館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

三重県いなべ市の関連キーワード三重県いなべ市大安町丹生川久下三重県いなべ市大安町石榑北山三重県いなべ市員弁町大泉新田三重県いなべ市員弁町南中津原三重県いなべ市員弁町坂東新田三重県いなべ市員弁町松名新田三重県いなべ市員弁町八幡新田三重県いなべ市大安町宇賀新田三重県いなべ市大安町中央ヶ丘三重県いなべ市大安町丹生川上三重県いなべ市員弁町南金井三重県いなべ市大安町東一色三重県いなべ市大安町南大社三重県いなべ市大安町南金井三重県いなべ市員弁町東一色三重県いなべ市大安町石榑北三重県いなべ市大安町石榑下三重県いなべ市大安町麻生田三重県いなべ市大安町北金井三重県いなべ市大安町石榑南

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県いなべ市の関連情報