三重県いなべ市(読み)いなべ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕いなべ〈市〉(いなべ〈し〉)


三重県最北端の市。
岐阜県、滋賀県に接する。市の中央を員弁(いなべ)川が流れ、西部に鈴鹿山脈、東部に養老山地がある。三岐鉄道の三岐線、北勢線が通じる。2003年(平成15)12月、員弁郡の北勢町、員弁町、大安町、藤原町の4町が合併・改称して成立。「いなべ」の名前は古代の豪族猪名部(いなべ)氏に由来するともいう。稲作のほか、酪農・養鶏などの畜産が盛んで、大安町地区には孵卵(ふらん)・育雛(いくすう)農場がある。花木・茶・サトイモなどの栽培や漬物生産も行う。鈴鹿山脈の藤原岳東腹に石灰石鉱山があり、東麓にセメント工場が操業。電機・機械・化学・金属・輸送用機器などの工場もある。西部の山地は鈴鹿国定公園の一部。竜ヶ岳山麓には宇賀渓もあり、キャンプの好適地。藤原岳北東麓には藤原岳自然科学館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県いなべ市の関連情報