コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県亀山市 かめやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕亀山〈市〉(かめやま〈し〉)


三重県北部、鈴鹿川の上・中流域を占める市。
2005年(平成17)1月、鈴鹿郡関町と合併して現在の姿となる。この合併により鈴鹿郡消滅。旧・亀山市は江戸時代には城下町、東海道宿場町として、のち鉄道の要衝として発展した。関町は古代に鈴鹿関がおかれ、近世には東海道の宿場町。旧関宿の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。JRの関西本線、紀勢(きせい)本線、東名阪自動車道、伊勢自動車道などが通じる交通の要地。非鉄金属・輸送用機器・プラスチック・ゴム・電機などの工場があり、農業では稲作・畜産・茶栽培が盛ん。伝統産業の美術ろうそく製造が有名。野村一里塚は国の史跡に指定されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

三重県亀山市の関連キーワード三重県亀山市加太中在家三重県亀山市みずきが丘三重県亀山市加太梶ヶ坂三重県亀山市加太北在家三重県亀山市関町泉ヶ丘三重県亀山市みずほ台三重県亀山市楠平尾町三重県亀山市南鹿島町三重県亀山市みどり町三重県亀山市中屋敷町三重県亀山市加太向井三重県亀山市加太板屋三重県亀山市関町市瀬三重県亀山市加太神武三重県亀山市東御幸町三重県亀山市北鹿島町三重県亀山市能褒野町三重県亀山市辺法寺町三重県亀山市亀田町三重県亀山市川合町

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県亀山市の関連情報