コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県北牟婁郡紀北町 きほく〈ちょう〉

1件 の用語解説(三重県北牟婁郡紀北町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕紀北〈町〉(きほく〈ちょう〉)


三重県南部、熊野灘(くまのなだ)に臨む町。北牟婁(きたむろ)郡
2005年(平成17)10月、同郡の紀伊長島町と海山町が合併・改称して成立。長島港は天然の良港で、近海カツオ漁などの基地。引本(ひきもと)港は遠洋漁業の基地で、北側にはカキ養殖とイカダ釣りで有名な潟湖(せきこ)の白石湖がある。国内有数の多雨地帯で、町域の約9割を森林が占める。林業と漁業のほか、ノリ・カキ・ハマチなどの養殖、イチゴ・柑橘類・花卉(かき)の栽培も行われる。景勝海岸に恵まれ、熊野灘臨海公園がある。国指定の史跡で同県熊野市紀和町まで続く熊野参詣道伊勢路(熊野古道)は、ユネスコ世界文化遺産に登録されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三重県北牟婁郡紀北町の関連情報