三重県南牟婁郡紀宝町(読み)きほう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕紀宝〈町〉(きほう〈ちょう〉)


三重県南西部、熊野川の下流域にある町。南牟婁(みなみむろ)郡
2006年(平成18)1月、同郡鵜殿村と合併して現在の姿となる。国指定史跡の熊野川をはさんで和歌山県新宮(しんぐう)市と向かい合っており、そのベッドタウンとして発展している。紀州木材の集散地で、製紙・製材工場がある。稲作・ミカン・ウメなどの果樹栽培と畜産が行われる。国の史跡に指定されている七里御浜(しちりみはま)の南部に位置し、井田海岸はウミガメの産卵地として知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android