三重県南牟婁郡紀宝町(読み)きほう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕紀宝〈町〉(きほう〈ちょう〉)


三重県南西部、熊野川の下流域にある町。南牟婁(みなみむろ)郡
2006年(平成18)1月、同郡鵜殿村と合併して現在の姿となる。国指定史跡の熊野川をはさんで和歌山県新宮(しんぐう)市と向かい合っており、そのベッドタウンとして発展している。紀州木材の集散地で、製紙・製材工場がある。稲作・ミカン・ウメなどの果樹栽培と畜産が行われる。国の史跡に指定されている七里御浜(しちりみはま)の南部に位置し、井田海岸はウミガメの産卵地として知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android