三重県名張市(読み)なばり〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕名張〈市〉(なばり〈し〉)


三重県西部の市。
上野盆地南西部を占める。大阪市の通勤圏ベッドタウンになっている。地場産業の木工・陶器のほか、プラスチック・電機・機械工場が進出。稲作・ブドウ・イチゴなどの栽培が盛ん。南部は室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園に属し、景勝の香落渓(かおちだに)や赤目四十八滝などがある。美旗古墳群は国の史跡に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県名張市の関連情報