三重県員弁郡東員町(読み)とういん〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕東員〈町〉(とういん〈ちょう〉)


三重県北部、員弁(いなべ)川中流域の町。員弁郡
東隣の桑名市とは三岐鉄道北勢線で結ばれ、北部の丘陵地では大型住宅団地の西桑名ネオポリスを開発。名古屋圏のベッドタウンの性格を強めている。機械・金属などの工場が進出。農業では稲作が盛ん。上げ馬神事で知られる猪名部(いなべ)神社がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android