三重県四日市市(読み)よっかいち〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕四日市〈市〉(よっかいち〈し〉)


三重県北部、伊勢湾に臨む市。
2000年(平成12)11月特例市。2005年2月に三重郡楠町を編入合併して現在の姿となる。県最大の商工業都市で、中京工業地帯の一角をなす。中世以来の市場町で、江戸時代は東海道の宿場町・港町として発展。第二次世界大戦後、石油化学コンビナートが形成され、日本有数の臨海工業都市に成長。1960年代、大気汚染などの公害が激化し、社会問題となった。石油化学工業を中心に、セメント・ガラス・食品・機械などの大工場が進出。精密機械・電子工業・繊維工業も盛ん。沿岸ではノリ・ハマグリの養殖漁業や水産加工業が行われる。国の伝統的工芸品である四日市萬古(ばんこ)焼の陶磁器を産する。四日市港は特定重要港湾に指定。原油や天然ガスなどを輸入する。大阪万博のオーストラリアパビリオンを移設したオーストラリア記念館、四日市港の開港100周年を記念して建設された、高さ100メートルの四日市港ポートビルがある。内部(うつべ)川上流には宮妻峡の景勝がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県四日市市の関連情報