三重県多気郡多気町(読み)たき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕多気〈町〉(たき〈ちょう〉)


三重県中央部、伊勢平野南部にある町。町の北端櫛田川南端を宮川が東に流れ、北部は松阪(まつさか)市と接する。多気郡
2006年(平成18)1月、同郡勢和(せいわ)村と合併して現在の姿となる。JR紀勢(きせい)本線から参宮線が分岐する。伊勢自動車道も通じる。稲作畜産・茶やミカン・カキなどの果樹栽培が盛ん。伊勢芋として知られるヤマノイモを特産する。水銀鉱山の丹生鉱山跡地は整備され観光地となっている。南東部の五桂池近くに、自然公園五桂池ふるさと村がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android