三重県多気郡多気町(読み)たき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕多気〈町〉(たき〈ちょう〉)


三重県中央部、伊勢平野南部にある町。町の北端櫛田川南端を宮川が東に流れ、北部は松阪(まつさか)市と接する。多気郡
2006年(平成18)1月、同郡勢和(せいわ)村と合併して現在の姿となる。JR紀勢(きせい)本線から参宮線が分岐する。伊勢自動車道も通じる。稲作畜産・茶やミカン・カキなどの果樹栽培が盛ん。伊勢芋として知られるヤマノイモを特産する。水銀鉱山の丹生鉱山跡地は整備され観光地となっている。南東部の五桂池近くに、自然公園五桂池ふるさと村がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android