コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県尾鷲市 おわせ〈し〉

1件 の用語解説(三重県尾鷲市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕尾鷲〈市〉(おわせ〈し〉)


三重県南部の市。
熊野灘(くまのなだ)に面したリアス式海岸一帯に位置する。年間降水量4000ミリを超える多雨地として知られる。カツオ・マグロの遠洋・近海漁業の基地で、水産業と林業が盛ん。ナツミカンが特産品。火力発電所・石油備蓄基地がある。国指定史跡でユネスコ世界遺産の熊野参詣道伊勢路(熊野古道)が通る。九木神社樹叢(くきじんじゃじゅそう)は国の天然記念物

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三重県尾鷲市の関連情報