三重県度会郡南伊勢町(読み)みなみいせ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕南伊勢〈町〉(みなみいせ〈ちょう〉)


三重県南部、熊野灘(くまのなだ)に臨む町。度会(わたらい)郡
2005年(平成17)10月、同郡の南勢町と南島町が合併・改称して成立。海沿いの地区ではリアス式海岸が東西に長くのび、古和(こわ)浦、神前(かみさき)湾、贄(にえ)湾などの湾内では真珠・ハマチの養殖漁業が行われる。沿岸・遠洋漁業の基地。農業は畜産・酪農とミカン・イチゴなどの栽培が主体。五ヶ所(ごかしょ)湾は伊勢志摩国立公園に属する景勝地。海岸にはキャンプ場やヨットハーバーが点在する。鬼ヶ城(おにがじょう)暖地性シダ群落と細谷(ほそだに)暖地性シダ群落はともに国の天然記念物に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android