三重県度会郡玉城町(読み)たまき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕玉城〈町〉(たまき〈ちょう〉)


三重県中南部、伊勢平野南部の町。度会(わたらい)郡
中心の田丸地区は古くから伊勢国南部の要衝で、南北朝時代北畠親房(きたばたけちかふさ)が田丸城を築き、江戸時代は城下町を形成。稲作・養豚ほか、イチゴ・葉タバコや花卉(かき)の栽培が盛ん。電機・金属などの工場がある。田宮(たみや)寺(国指定の重要文化財である木造十一面観音立像を所蔵)がある。朝日新聞の創始者村山龍平(むらやまりょうへい)の出身地。村山龍平記念館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android