コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県方式

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三重県方式

民主党三重県連、連合三重、旧新進党系と旧社会党系の議員らが立ち上げた地域政党「新政みえ」の3者が協力して選挙戦に臨む、三重県ならではの態勢。新政みえ系の県議は民主党員ではない労組系県議も含め24人(定数51)で、県議会の最大会派。共産党を除く「非自民」の結集を目指した連合三重が1990年代半ばに呼びかけ、始まった。

(2012-12-09 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

三重県方式の関連キーワード津市長選

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android