コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県熊野市二木島町 にぎしまちょう

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕二木島町(にぎしまちょう)


三重県熊野市にある地名。
鯨の供養塔(県指定の有形民俗文化財)、最明(さいみょう)寺(曹洞宗)、室古(むろこ)神社、いずれも国指定史跡の熊野参詣道伊勢路で尾鷲市曽根町まで続く曽根次郎坂・太郎坂と、熊野市新鹿町まで続く二木島(にきしま)峠道・逢神坂(おうかみざか)峠道(ともに紀伊山地の霊場と参詣道としてユネスコ世界遺産に登録)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

三重県熊野市二木島町の関連キーワード二木島祭曹洞宗

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android