コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県熊野市 くまの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕熊野〈市〉(くまの〈し〉)


三重県南部、熊野灘(くまのなだ)に臨む市。
南西部は奈良県・和歌山県と接する。2005年(平成17)11月、南牟婁(みなみむろ)郡の紀和町と合併して現在の姿となる。市域の大半を森林が占める。林業と畜産、柑橘類の栽培が盛ん。紀和町ではキジを特産する。リアス式の北部海岸にある二木島(にぎしま)港は漁業・水産加工業の基地。日本の渚百選にも選定されている七里御浜(しちりみはま)(国指定史跡)では、碁石原料の那智黒(なちぐろ)石を産する。熊野川支流の北山川には七色(なないろ)ダムと七色峡、瀞(どろ)峡の景勝があり、吉野熊野国立公園の一中心をなす。瀞八丁は国の特別名勝かつ天然記念物。七里御浜北端の鬼ケ城(おにがじょう)は海食洞の奇勝で、国の天然記念物に指定されている。北山川沿いの鉱山跡に、湯ノ口温泉が湧く。北牟婁郡紀北町まで続く熊野参詣道伊勢路(熊野古道)は国の史跡で、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

三重県熊野市の関連キーワードユースホステル熊野市青年の家三重県熊野市紀和町大河内三重県熊野市紀和町大栗須三重県熊野市紀和町小栗須三重県熊野市紀和町湯ノ口三重県熊野市紀和町小川口三重県熊野市五郷町大井谷三重県熊野市紀和町木津呂三重県熊野市紀和町平谷三重県熊野市紀和町楊枝三重県熊野市紀和町長尾三重県熊野市飛鳥町小又三重県熊野市紀和町花井三重県熊野市紀和町小船三重県熊野市飛鳥町大又三重県熊野市神川町花知千枚田オートキャンプ場三重県熊野市紀和町赤木三重県熊野市紀和町和気三重県熊野市育生町赤倉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県熊野市の関連情報