コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県熊野市 くまの〈し〉

1件 の用語解説(三重県熊野市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕熊野〈市〉(くまの〈し〉)


三重県南部、熊野灘(くまのなだ)に臨む市。
南西部は奈良県・和歌山県と接する。2005年(平成17)11月、南牟婁(みなみむろ)郡の紀和町と合併して現在の姿となる。市域の大半を森林が占める。林業と畜産、柑橘類の栽培が盛ん。紀和町ではキジを特産する。リアス式の北部海岸にある二木島(にぎしま)港は漁業・水産加工業の基地。日本の渚百選にも選定されている七里御浜(しちりみはま)(国指定史跡)では、碁石原料の那智黒(なちぐろ)石を産する。熊野川支流の北山川には七色(なないろ)ダムと七色峡、瀞(どろ)峡の景勝があり、吉野熊野国立公園の一中心をなす。瀞八丁は国の特別名勝かつ天然記念物。七里御浜北端の鬼ケ城(おにがじょう)は海食洞の奇勝で、国の天然記念物に指定されている。北山川沿いの鉱山跡に、湯ノ口温泉が湧く。北牟婁郡紀北町まで続く熊野参詣道伊勢路(熊野古道)は国の史跡で、ユネスコ世界文化遺産に登録されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三重県熊野市の関連情報