コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県鈴鹿市 すずか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕鈴鹿〈市〉(すずか〈し〉)


三重県北部の市。
伊勢湾西岸に位置する。第二次世界大戦中、海軍航空隊・航空工廠(こうしょう)などがあった2町12村が軍事上の要請から合併、1942年(昭和17)に市制施行した。工業出荷額は県内トップクラス。自動車・電機・プラスチック・紡績工場が操業養鶏苗木・茶の栽培も盛ん。国際的なモーターサーキット鈴鹿サーキットがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

三重県鈴鹿市の関連キーワード三重県鈴鹿市釆女が丘町三重県鈴鹿市中冨田町三重県鈴鹿市中箕田町三重県鈴鹿市中瀬古町三重県鈴鹿市中旭が丘三重県鈴鹿市椿一宮町三重県鈴鹿市中若松町三重県鈴鹿市長太栄町三重県鈴鹿市西玉垣町三重県鈴鹿市西冨田町三重県鈴鹿市西庄内町三重県鈴鹿市長太新町三重県鈴鹿市長法寺町三重県鈴鹿市長太旭町三重県鈴鹿市中江島町三重県鈴鹿市山辺町三重県鈴鹿市矢橋町三重県鈴鹿市中箕田三重県鈴鹿市野辺町三重県鈴鹿市弓削町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県鈴鹿市の関連情報