コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重県鳥羽市 とば〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕鳥羽〈市〉(とば〈し〉)


三重県東部の市。
志摩半島北東岸に位置する。国際観光文化都市に指定。江戸時代城下町、風待ち港として発展。電機・食品や真珠加工などの工場がある。答志島(とうしじま)・神島ではイセエビ・アワビなどを水揚げする。伝統的な海女(あま)漁業も行われる。伊勢志摩国立公園の中心で、鳥羽水族館、海の博物館、ミキモト真珠島などの各種観光・宿泊施設がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

三重県鳥羽市の関連キーワード夏の鳥羽湾毎夜連続花火三重県鳥羽市安楽島町三重県鳥羽市大明西町三重県鳥羽市大明東町三重県鳥羽市菅島町三重県鳥羽市国崎町三重県鳥羽市岩倉町三重県鳥羽市石鏡町三重県鳥羽市池上町三重県鳥羽市坂手町三重県鳥羽市桃取町三重県鳥羽市神島町三重県鳥羽市答志町三重県鳥羽市小浜町三重県鳥羽市相差町三重県鳥羽市浦村町三重県鳥羽市堅神町三重県鳥羽市堅子町三重県鳥羽市高丘町三重県鳥羽市松尾町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重県鳥羽市の関連情報