三重重ね・三重襲(読み)みえがさね

大辞林 第三版の解説

みえがさね【三重重ね・三重襲】

三重にかさねること。また、三重にかさねたもの。
表と裏の間に中陪なかべを入れて仕立てた衣服。 「 -の袴具して賜ふ/源氏 総角
「三重襲の扇」の略。 「かのしるしの扇は、桜の-にて/源氏 花宴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android