コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三鬼 鑑太郎 ミキ カンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

三鬼 鑑太郎
ミキ カンタロウ

大正・昭和期の実業家 衆院議員(昭和会)。



生年
慶応2年4月(1866年)

没年
昭和18(1943)年4月21日

出身地
福島県

学歴〔年〕
明治法律学校(現・明治大学)〔明治21年〕卒

経歴
岩手県庁に入り、課長、のち下閉伊郡長、和賀郡長を歴任。その後、岩手軽便鉄道に移り専務を経て、社長に就任。花巻‐釜石間の直結、国鉄編入に尽力した。また岩手中央薪炭業組合長、岩手木材業組合長、県木炭移出同業組合副組長、全国地方鉄道同志会監事、花巻温泉取締役なども務めた。昭和11年岩手2区から衆院議員に当選1回。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

三鬼 鑑太郎の関連キーワード実業家三鬼隆

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android