上ノ国(町)(読み)かみのくに

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上ノ国(町)
かみのくに

北海道南西部、檜山(ひやま)振興局管内の町。渡島(おしま)半島南西部の松前(まつまえ)半島に位置し、日本海に面する。1967年(昭和42)町制施行。天ノ川が北西流して日本海に注ぎ、天ノ川右岸沿いをJR江差線が走る。海沿いを国道228号が走る。古くから開けていた所で1189年(文治5)に和人が居住したと伝えられる。町域は山地が多いが、天ノ川沿いには平地も開け、水田が発達する。山地では林業が行われる。マンガンを産出する上国(じょうこく)鉱山があったが、1986年(昭和61)閉山した。日本海では漁業が行われる。国史跡の上之国花沢館跡(かみのくにはなざわだてあと)、上之国勝山館跡は15世紀の蠣崎(かきざき)氏の城で、花沢館はのち松前藩の始祖武田信広(のぶひろ)が継いだものである。国指定重要文化財に上国(じょうこく)寺本堂、旧笹浪(ささなみ)家住宅がある。面積547.60平方キロメートル、人口5428(2010)。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android