上ノ国[町](読み)かみのくに

百科事典マイペディアの解説

上ノ国[町]【かみのくに】

北海道檜山郡の町。もと函館・福山地方を下ノ国,この地と北隣の江差地方を上ノ国といい,古くから開けた。大部分が山地でヒバ林がよく茂り,天ノ川沿いの低地では農業が行われ,沿岸ではイカ,ホッケが漁獲される。547.71km2。5428人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみのくに【上ノ国[町]】

北海道南西部,檜山支庁檜山郡の町。1967年町制。人口7292(1995)。江差町の南に接し,西は日本海に臨む。江差線が通る。中世にはこの町から江差にかけての一帯を上ノ国と称し,松前から箱館を下ノ国と称した。町内の中心部を流れる天ノ川流域では農業が営まれ,沿岸部には漁業集落が点在する。農業は稲作が中心であるが,ジャガイモ,ダイコンの生産量も多い。漁業は零細で,イカ,マス,スケトウダラがおもな漁獲物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android