上・揚・挙(読み)あぐ

精選版 日本国語大辞典の解説

あ・ぐ【上・揚・挙】

〘他ガ下二〙 ⇒あげる(上)

あ・げる【上・揚・挙】

〘他ガ下一〙 あ・ぐ 〘他ガ下二〙
[一] 下の方から上の方へ移す。
① 低い所から高い所へ移す。上へやる。
※古事記(712)下・歌謡「大和(やまと)へに 西風(にし)吹き阿宜(アゲ)て 雲離れ 退(そ)き居りとも 我忘れめや」
※源氏(1001‐14頃)若菜下「みすあげさせ給て」
② (垂れた髪を)結う。上の方で結ぶ。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「髪(みぐし)を結(アケ)、髻(みづら)に為(な)し」
※伊勢物語(10C前)二三「くらべこし振分髪も肩すぎぬ君ならずして誰かあぐべき」
③ 空中に浮かぶようにする。また、雲が空に広がる。
※平家(13C前)二「天下に兵乱おこって、烽火をあげたりければ」
※歌舞伎・日月星享和政談(延命院)(1878)序幕「『父(とと)さん、ぽつぽつ降って来ましたわいな』『大分東を上げて来たから、今に一降やるかも知れぬ』」
④ 水上、水中から陸上へ移す。陸上げする。水上げする。
※平家(13C前)一一「あげおいたる舟の陰を」
※日葡辞書(1603‐04)「フネノ ニヲ aguru(アグル)
⑤ 外から家の中に入らせる。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)七「初めてのお方を同道申た。きつう取込そふに見へるが、一つ上ます座敷が有(ある)か」
⑥ 遊女、芸妓などをよび入れる。また、よんで遊ぶ。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「丸屋の七左衛門かたに太夫の吉野を揚(アゲ)(おき)
⑦ 寺子屋、学校などに入れる。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「寺にあげて手ならひをさすれども、芸能のかたは殊の外に不器用なり」
⑧ (血を頭にのぼせる意) のぼせてぼうっとする。「血道をあげる」
※栄花(1028‐92頃)若ばえ「あないみじ。気(け)あげさせ給ふな」
⑨ 下に敷いてあるものを取りのける。
※人情本・春色恵の花(1836)二中「それじゃア蒲団をあげて、きれいにしよふじゃア有ませんか」
⑩ 胃から物をもどす。吐く。
※落語・皺め(1896)〈三代目柳家小さん〉「何う云ふ訳だらうと思って居ると黄色い水をゲッゲと吐(ア)げるんだ」
[二] 物を取りあげる。また、罪人を召しとる。
① 官が領地、役目などを取りあげる。没収する。
※歌謡・新編歌祭文集(1688‐1736頃)一五「少しの事を言ひ募り、殿の御扶持を上げられて」
② (①から転じて) 物をむりに取りあげる。巻きあげる。奪いとる。盗みとる。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)五「今鋭(すすど)ふ成て油断せぬ故、大抵では上げられぬぞい」
③ 犯人をつかまえる。召しとる。
※落語・たぬき娘(1900)〈初代三遊亭円左〉「チョイト旦那、今ねヱ彼の女が引致(アゲ)られました、久松警察へ」
[三] 地位、体勢、価値、程度などを高める。
① ある箇所をまわりより高くする。体や、体の一部を高くする。また、上に向ける。
※漢書楊雄伝天暦二年点(948)「仰ぎて首を撟(アケ)、以て高視す」
② 馬を跳ねさせる。走り躍らせる。
※吾妻鏡‐寛元四年(1246)八月一六日「流鏑馬十六騎。揚馬訖」
③ 地位を進める。昇進させる。
※続日本紀‐天平元年(729)八月五日宣命「冠位(かがふりくらゐ)一階上(あげ)賜ふ事を始め」
※日葡辞書(1603‐04)「クライニ aguru(アグル)
④ 物の値段、給料などを高くする。値上げする。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉失意政治家「それだから、酒造税を昂(ア)げるのも宜(よ)からう」
⑤ 能力、勢力、速力、数量、価値などを加える。「スピードをあげる」「気勢をあげる」
※惨めな戯れ(1920)〈岡田三郎〉「下から順に音をあげて行ったり」
⑥ 技能などを上達させる。
※日葡辞書(1603‐04)「ガクモン ナドノ イロヲ aguru(アグル)
※滑稽本・古朽木(1780)一「能書にもせよ、人の手まで上(アゲ)る事がどうしてなるものぞ」
⑦ 顔だち、身なりなどをよくする。
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉五「さぞ此頃は女振を上(ア)げてゐるだらうな」
⑧ あたりによく聞こえるような声を出す。高く発する。
※書紀(720)仁徳四年二月(前田本訓)「人々詠徳(ほむ)る音を誦(アケ)、家毎庚哉之歌(やすらかなりといふうた)有り」
※土左(935頃)承平四年一二月二六日「からうた、声あげていひけり」
⑨ (水位を高める意から、自動詞的に用いて) 潮が満ちてくる。
※洒落本・仕懸文庫(1791)一「八つ八ぶだからてうど今あげるせへちうだ」
[四] 人によく見えるようにする。広く知られるようにする。
① 手に持って高くする。高く揚げる。持ちあげる。
※古今(905‐914)雑体・一〇一四「いつしかとまたく心をはぎにあげて天の河原をけふや渡らん〈藤原兼輔〉」
※平家(13C前)一二「墨染の衣袴きて月毛なる馬にのったる僧一人、鞭をあげてぞ馳(は)せたりける」
② (名前を)世に広める。
※平家(13C前)五「一人をば討ちとり、一人をば生けどって、後代に名をあげたりし物にて候」
③ 人々の前で行なう。
※春潮(1903)〈田山花袋〉六「結婚の約束は成立って、この秋か冬には其の大礼を挙げやうとして居るのも亦確かである」
④ 一つ一つとりたてる。また、特別のものとして示す。
※書紀(720)顕宗即位前(図書寮本訓)「然らば則ち弟(いろと)に非ずして、誰か能く大節(ことはり)を激揚(アケム)
※平家(13C前)一「大織冠・淡海公の御事は、あげて申すに及ばず」
⑤ (実例、証拠などを)はっきり表面にあらわす。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「態(わざ)と悪事に一味して、まっかう手めを上げよふ為」
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「歴史上の事実を挙(ア)げ」
⑥ (効果、実績などを)目立って現われるようにする。
※星座(1922)〈有島武郎〉「或る程度までの効果を挙げることが出来たのだ」
⑦ ほめたたえる。称揚する。
※大唐西域記長寛元年点(1163)五「淑(よ)き匿(あ)しきを褒(アゲ)(くた)し」
※読本・雨月物語(1776)仏法僧「此玉河てふ川は国々にありて、いづれをよめる歌も其流のきよきを挙(アゲ)しなるを思へば」
⑧ 大勢の人を集め動かして事を始める。
※平治(1220頃か)下「佐殿すでに義兵をあげ給ふときこえしかば」
⑨ 推挙する。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉四「如才のない稲川君と共に、敬二は幹事に挙(ア)げられた」
[五] 物事を終わりまでする。終わりにする。
① しあげる。なしとげる。すませる。習い終える。
※大鏡(12C前)三「したがさねのしりはさみて乗り給ひぬ。さばかりせばきつぼに折り回し、おもしろくあげ給へば」
※日葡辞書(1603‐04)「フシンヲ aguru(アグル)
② ある費用ですませる。ある金額で片を付ける。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「壱分。ヱ。それで上(アゲ)るつもりかヱ」
③ 遊興や投資に金を使い果たす。つぎこむ。入れあげる。
※浄瑠璃・心中二枚絵草紙(1706頃)中「新地ぐるいに身代あげ、方々の借銭」
④ すべてを出す。全部を集める。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「一国を挙げて大結合を為し」 〔史記‐刺客伝・摂政〕
⑤ (貴人の膳を)取り下げる。
※日葡辞書(1603‐04)「ゼンヲ aguru(アグル)〈訳〉食卓を片づける」
⑥ 城を攻める際などに、味方の兵が城際につめより、後に続く者がないような時、危険を考慮して呼び戻す。
※随筆・常山紀談(1739)四「唯今あげんとせば、彌(いよいよ)みだれあしになるべし」
⑦ 子孫を得る。子を産む。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「牝牡一耦あり、今に至るまで十二回子を挙けたれとも」
⑧ 酒を熟成させる。
※玉塵抄(1563)三「酒はつくり入れて久うをいてあぐるがよいそ」
⑨ (揚) 熱い油で煮て、食べられるようにする。
※大草家料理書(16C中‐後か)「南ばん焼は、油にてあぐる也」
[六] 敬意を払うべき人に物を渡す。また、そういう人のいる場所に行かせる。
① 神仏に供える。奉納する。
※栄花(1028‐92頃)鶴の林「御忌の程、関白殿、日ごとに法華経一部、阿彌陀経数多、経一偈(げ)をあげさせ給て」
② 敬うべき人にさし出す。さし上げる。また、現代では対等、または目下の者に与える意の丁寧な言い方。
※謡曲・烏帽子折(1480頃)「急ぎ追っ付き申しこのおん腰の物を上げ申さうずるにて候ふ」
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「お俊ちゃん達に進(ア)げる物がこの中に入って居る筈です」
③ 上に差出す。返上する。
※六角氏式目(1567)二四条「年貢所当令無沙汰、下地可上之由申百姓前作職之事、一庄一郷申合、田畠可荒之造意、悪行之至、早可御成敗
④ (返上する意から) ある場所に出入りすることや、ある資格をもつことを断わる。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)三「さりとは見限り果てた法師が所為(しはざ)、明日から師匠あげてのける」
⑤ 言いかけられたなぞなぞの答えを言わないで相手にお返しする。なぞを言いかけたものに答えを言うよう求める。
※咄本・露休置土産(1707)一「或人、南無阿彌陀仏といふ謎をかけけれども、一座に解く人なければ『此謎はあげませう』といふ。『さらばとひて聞(きけ)ませう。貉(むじな)と解き申す』といへば」
⑥ 都へ向かって行かせる。のぼす。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「とかくかまへて京にあげ奉りてんといふ」
⑦ 屋敷などに奉公にやる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「『踊(をどり)と申すものは、おちいさい内から御奉公ができてよろしうございますねへ。おいくつからお上(アゲ)なさいましたへ』『ハイ、六つの秋御奉公に上(アゲ)ました』」
⑧ 他人の家を敬い、そこを訪問させる。参上させる。
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「『きっとした証人があっては、御貸し申されませぬ』『ずいぶん申触らしまして、大ちゃくな借手をあげませふ』」
[七] 補助動詞として用いる。
① (動詞の連用形に付いて) その動作を完了する意を表わす。「染め上げる」「刷り上げる」
※古今六帖(976‐987頃)二・田「わが門の早稲田もいまだ刈りあげぬにけさ吹く風に鴈は来にけり〈素性〉」
② (「申す」「存ず」「頼む」「願う」などの動詞の連用形に付いて) その動作の対象を敬う気持を添える。
※虎明本狂言・筑紫奥(室町末‐近世初)「身共は申あぐる事はならぬ程に、面々に申上い」
③ (動詞の連用形に、助詞「て(で)」の付いた形に添えて) その動作を他にしてやることの丁寧な表現。
※歌舞伎・傾城富士見る里(1701)一「私上手で御座る。取って上げませう」
[語誌](1)敬語動詞としての「あげる」は下位者から上位者への物の移動という意で用いられる謙譲表現であり、「ロドリゲス日本大文典」では「身分の低いものからシュジン、キニン等を始めとして天子に至るまで非常に貴い方に差上げるのに使はれる」とあり、当初は敬意の高い表現であった。近世以降次第に敬意が低くなり、近世後半には丁寧語と目される例も出現する。
(2)現代語においても、一九七〇年代前半では丁寧語としての用法は誤用としての意識が強く、女性特有の過剰敬語と考えられていたが、その後次第に男性も含めた若い層にも広く用いられるようになり、「やる」の丁寧語として定着するようになった(逆に「やる」は下卑た表現として意識されることも多い)。ただ、敬語動詞「あげる」の本質が謙譲語にあることだけは変わらず、両用法が並立している。→「あがる」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android