コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上九一色〈村〉 かみくいしき〈むら〉

1件 の用語解説(上九一色〈村〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕上九一色〈村〉(かみくいしき〈むら〉)


山梨県南部、富士山北西麓に存在した村。西八代(にしやつしろ)郡。
1989年(平成1)より、カルト教団オウム真理教の施設「サティアン」が多数建設されて信者が移り住み、同教団の本拠地となる。1995年5月には教祖松本智津夫(麻原彰晃)が地下鉄サリン事件などの首謀者として同村で逮捕され、全国的に有名となった。2006年3月、梯、古関地区が甲府市に編入、精進、本栖、富士ヶ嶺地区が富士河口湖町に編入し、村は廃止。⇒甲府市、富士河口湖町

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone