コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上九一色〈村〉 かみくいしき〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕上九一色〈村〉(かみくいしき〈むら〉)


山梨県南部、富士山北西麓に存在した村。西八代(にしやつしろ)郡。
1989年(平成1)より、カルト教団オウム真理教の施設「サティアン」が多数建設されて信者が移り住み、同教団の本拠地となる。1995年5月には教祖松本智津夫(麻原彰晃)が地下鉄サリン事件などの首謀者として同村で逮捕され、全国的に有名となった。2006年3月、梯、古関地区が甲府市に編入、精進、本栖、富士ヶ嶺地区が富士河口湖町に編入し、村は廃止。⇒甲府市、富士河口湖町

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

上九一色〈村〉の関連キーワード山梨県南都留郡富士河口湖町川井村の合併問題山梨県甲府市九一色郷上九一色

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上九一色〈村〉の関連情報