上原 栄子(読み)ウエハラ エイコ

20世紀日本人名事典の解説

上原 栄子
ウエハラ エイコ

昭和期の料亭の女主人



生年
大正4(1915)年6月22日

没年
平成2(1990)年12月9日

出生地
沖縄県

本名
上原 かめ

経歴
沖縄の貧農の家に生まれ、4歳で那覇の辻遊郭に売られ、遊女となる。その後、昭和15年には数名の芸娼妓を抱える女主人となったが、太平洋戦争の那覇大空襲で遊郭が焼失。戦後、アメリカ軍政下の那覇でいち早く料亭「松乃下」を開業。彼女をモデルに演劇「八月十五夜の茶屋」が作られ、アメリカで映画化するなど、大きな話題となった。27年アメリカ民政府職員と結婚。沖縄を統治したキャラウェイ高等弁務官による離日政策(いわゆるキャラウェイ旋風)により、39年脱税の嫌疑をかけられるが、44年に無罪判決となった。自伝に「辻の華」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android