上原 鹿造(読み)ウエハラ シカゾウ

20世紀日本人名事典の解説

上原 鹿造
ウエハラ シカゾウ

明治〜昭和期の実業家,弁護士 衆院議員(憲政本党)。



生年
慶応1年12月(1866年)

没年
昭和10(1935)年10月4日

出身地
豊後国(大分県)

学歴〔年〕
大分師範〔明治20年〕卒,東京専門学校(現・早稲田大学)行政科〔明治25年〕卒

経歴
明治31年上原家を再興する。この間、小学校訓導・校長を経て、25年弁護士となり、30年鳩山和夫・花井卓蔵らと共に日本弁護士協会を設立し理事・編輯主事、のち副会長を務める。36年衆院議員に当選1回。のち京成電気軌道(現・京成電鉄)や万歳生命保険の創立に関わり、重役を務める。更に東京琺瑯社長となり、ボルネオゴム、成田電軌、南洋ゴム、日本建築紙工の重役、早稲田大学監事を兼任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android