コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原真佐喜(初代) うえはら まさき

1件 の用語解説(上原真佐喜(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上原真佐喜(初代) うえはら-まさき

1869-1933 明治-昭和時代前期の箏曲(そうきょく)家。
明治2年10月3日生まれ。9歳のころ山田流千代田検校(けんぎょう)門下の浅井千束(ちづか)に入門。のち奥村真佐古(まさご)に師事し,明治23年真佐喜を名のり,翌年師の没後その後継者となる。大正6年真磨琴(ままごと)会を創立。昭和8年7月10日死去。65歳。東京出身。本名は幸太郎。作品に「春の朝」「里の四季」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上原真佐喜(初代)の関連キーワード藩学一覧女性参政権イギリス映画晩年伊豆の踊子丹下左膳実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone