上山 正英(読み)ウエヤマ マサヒデ

20世紀日本人名事典の解説

上山 正英
ウエヤマ マサヒデ

大正・昭和期の医学放射線技術教育者



生年
明治11(1878)年9月1日

没年
昭和15(1940)年12月30日

出生地
鳥取県鳥取市

学歴〔年〕
京都帝国大学理工科大学電気工科〔明治33年〕退学

経歴
明治33年から愛知、群馬、京都、山口などの中学校に勤め、43年京都島津製作所に入った。大正4年クーリッジX線管球の発生理論と構造を日本に紹介。10年会社でレントゲン講習会を年次開催、その講師となり「レントゲン物理学」「X線管球」について講義。各講師の講義を「レントゲン字講義集」に編集した。昭和2年島津レントゲン技術講習所が開設され、講師として放射線物理学を講じた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android