コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上州座繰り

1件 の用語解説(上州座繰りの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

上州座繰り

江戸時代に考案されたと言われる。製糸場などに売れないような繭を養蚕農家の人たちが糸にし、家族のための布や着物を織った。今では赤城山のふもとで約30人のおばあちゃんたちが内職で続けている。

(2007-08-04 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上州座繰りの関連キーワード富岡製糸場カリフォルニアロール曲独楽然も言われたり新日本髪中啓と言わず天神山古墳名取雅樹鐙台 (stirrups rubber tread)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone