コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上平[村] かみたいら

世界大百科事典 第2版の解説

かみたいら【上平[村]】

富山県南西端,東砺波郡の村。人口1016(1995)。庄川上流の峡谷と山地を占め,南は岐阜県大野郡白川村に接する。隣接の平村,利賀(とが)村とともに五箇山(ごかやま)とも呼ばれ,典型的な隔絶山村で,近世は加賀藩領であった。大正末から始まった庄川水系の電源開発・道路整備により,人と物資の移動が容易になったが,同時に過疎化が進み,合掌造民家も減少した。庄川水系には関西電力の小原(出力4.57万kW),新小原(4.5万kW),成出(3.5万kW),新成出(5.82万kW),赤尾(3.25万kW)の5水力発電所(1997年現在)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

上平[村]の関連キーワード四百四病仮数アリアラテス7世フィロメトル市町村議会都道府県議会インディ500水道普及率104キーボード106キーボード101キーボード