コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上志比[村] かみしひ

世界大百科事典 第2版の解説

かみしひ【上志比[村]】

福井県北部,吉田郡の村。人口3654(1995)。九頭竜川中流南岸に位置し,九頭竜川の沖積低地と北流する4本の支流がつくる小扇状地が本村の平野部をなす。西の福井平野と東の大野盆地を結ぶ勝山街道の道筋に当たり宿場町として発達し,北東端の小船渡(こぶなと)には九頭竜川の渡し場があった。村名は古来当地方一帯を志比荘と称したことによる。村域の大半が山林で杉,松がよく生育し,米作を中心とする農業とともに村の基幹産業となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

上志比[村]の関連キーワードさんふらわあさっぽろヒト・コミュニケーションズ浦安[市]イーストリバプールサルト県浜松市の要覧

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android