上志比[村](読み)かみしひ

世界大百科事典 第2版の解説

かみしひ【上志比[村]】

福井県北部,吉田郡の村。人口3654(1995)。九頭竜川中流南岸に位置し,九頭竜川の沖積低地と北流する4本の支流がつくる小扇状地が本村の平野部をなす。西の福井平野と東の大野盆地を結ぶ勝山街道の道筋に当たり宿場町として発達し,北東端の小船渡(こぶなと)には九頭竜川の渡し場があった。村名は古来当地方一帯を志比荘と称したことによる。村域の大半が山林,松がよく生育し,米作を中心とする農業とともに村の基幹産業となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android