上方歌・上方唄(読み)かみがたうた

大辞林 第三版の解説

かみがたうた【上方歌・上方唄】

江戸時代に上方で流行した三味線伴奏歌曲の類の総称。その多くは盲人音楽家の専門芸に取り入れられ、地歌と呼ばれている。法師歌。京歌。 ⇔ 江戸唄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android