コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上方歌・上方唄 かみがたうた

大辞林 第三版の解説

かみがたうた【上方歌・上方唄】

江戸時代に上方で流行した三味線伴奏歌曲の類の総称。その多くは盲人音楽家の専門芸に取り入れられ、地歌と呼ばれている。法師歌。京歌。 ↔ 江戸唄

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上方歌・上方唄の関連キーワード江戸唄京歌

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android