コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉憲房(1) うえすぎ のりふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲房(1) うえすぎ-のりふさ

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
上杉清子の兄。足利尊氏・直義(ただよし)兄弟の伯父。建武(けんむ)政権の雑訴決断所奉行となる。建武2年尊氏が鎌倉にとどまって後醍醐(ごだいご)天皇と対立したとき,上野(こうずけ)(群馬県)の守護に任命される。建武3年1月27日京都の四条河原北畠顕家,新田義貞とたたかい討ち死にした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉憲房(1)の関連キーワード延元日本におけるおもな時代区分宇佐輔景楠木正成楠木正季後伏見天皇少弐貞経相馬重胤千種忠顕土居通増