コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉鷹山(ようざん)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

上杉鷹山(ようざん)

第9代米沢藩主。藩財政の窮迫期に17歳で藩主となった。自ら一汁一菜などの改革を断行し、武士も時には刀を鍬(くわ)に持ちかえる気概が必要だ、と説いた。特産の青芋(あおそ)を原料とした縮織(ちぢみおり)など新産業の導入で藩を再興させたとされ、バブル経済崩壊後、不況下経営の手本として注目される。米国の故ケネディ大統領も、尊敬する日本人として挙げたことがある。

(2008-02-22 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

上杉鷹山(ようざん)の関連キーワードYOZAN戦士アズマンジャー成らぬは人の為さぬなりけり莅戸太華(のぞきたいか)漆の実のみのる国YOZANくん代表的日本人成せば成るお鷹ぽっぽ三谷三九郎小野川温泉安田 尚義黒井忠寄増田俊樹藤沢周平上杉斉定莅戸太華神保綱忠童門冬二大橋乙羽竹俣当綱

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上杉鷹山(ようざん)の関連情報