コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村 進 カミムラ ススム

20世紀日本人名事典の解説

上村 進
カミムラ ススム

大正・昭和期の弁護士,政治家,社会運動家 自由法曹団団長;衆院議員。



生年
明治16(1883)年1月23日

没年
昭和44(1969)年5月19日

出生地
新潟県南魚沼郡塩沢町

学歴〔年〕
早稲田大学専門部法律科〔明治41年〕卒

経歴
日露戦争に従軍、退役後上京、二六新報社入社。大正4年弁護士試験に合格、弁護士となる。6年事務所開設。8年普選要求大会で普選反対の代議士に天誅を加える決議をした天誅事件で起訴され、後無罪。10年布施辰治、山崎今朝弥らと自由法曹団結成、労働、農民運動の弁護に活躍。また12年朴烈・金子文子の大逆事件の弁護にも当たった。15年労働農民党結党に参加、後委員長。昭和3年の普選第1回選挙に立候補したが落選。4年大山郁夫らと新労農党を結成。8年日本労農弁護士団団長となり、3.15事件の弁護活動で治安維持法違反に問われ、9年検挙、懲役2年の判決を受け、転向声明で執行猶予。戦後自由法曹団の再建に尽力。24年日本共産党から衆院選に立候補、当選したが、26年占領軍司令部の共産党員追放で公職追放。その後総評弁護団員などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

上村 進
カミムラ ススム


肩書
衆院議員,自由法曹団団長

生年月日
明治16年1月23日

出生地
新潟県南魚沼郡塩沢町

学歴
早稲田大学専門部法律科〔明治41年〕卒

経歴
日露戦争に従軍、退役後上京、二六新報社入社。大正4年弁護士試験に合格、弁護士となる。6年事務所開設。8年普選要求大会で普選反対の代議士に天誅を加える決議をした天誅事件で起訴され、後無罪。10年布施辰治、山崎今朝弥らと自由法曹団を結成、労働、農民運動の弁護に活躍。また12年朴烈・金子文子の大逆事件の弁護にも当たった。15年労働農民党結党に参加、後委員長。昭和3年の普選第1回選挙に立候補したが落選。4年大山郁夫らと新労農党を結成。8年日本労農弁護士団団長となり、3.15事件の弁護活動で治安維持法違反に問われ、9年検挙、懲役2年の判決を受け、転向声明で執行猶予。戦後自由法曹団の再建に尽力。24年日本共産党から衆院選に立候補、当選したが、26年占領軍司令部の共産党員追放で公職追放。その後総評弁護団員などを務めた。

没年月日
昭和44年5月19日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

上村 進 (かみむら すすむ)

生年月日:1883年1月23日
大正時代;昭和時代の弁護士;政治家。自由法曹団団長;衆議院議員
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

上村 進の関連キーワード川上(村)(奈良県)植村文楽軒(初代)浦上とキリスト教川内(愛媛県)栃木県大田原市美濃加茂[市]上矢作[町]阪本 清一郎階上(町)上村彦之丞木村 栄吉植村文楽軒入江 静加芳村 種吉犬丸 徹三玉野 知義河内長野市村田愛里咲上村 松園昭和時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android