コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上津江[村] かみつえ

1件 の用語解説(上津江[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かみつえ【上津江[村]】

大分県西部,日田郡の村。人口1407(1995)。東・南・西は熊本県に接する。中央部にチイゴ岳(911m),西部に酒呑童子山(1181m),南部に尾ノ岳(1041m)があり,西から川原川,南から上野田川が発して村内を北流し,北端で津江川に合流する。村域のほとんどが山林原野で占められ,日田林業の中心地として,古くから人工造林が盛んで,杉,ヒノキを産出する。酒呑童子山一帯はシャクナゲドウダンツツジの群生地として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上津江[村]の関連キーワード大分県日田盆地大分日田いいちこ日田全麹千年の梅千年の柚子長信成中村元雄日田永季

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone