上甑[村](読み)かみこしき

世界大百科事典 第2版の解説

かみこしき【上甑[村]】

鹿児島県薩摩郡の村。甑島列島北端の上甑島西半と,その南に位置する中甑島(平良(たいら)島)からなる。人口2234(1995)。遠目木山(423m)を最高峰とする標高200~300m内外の山地大部分を占める。複雑なリアス海岸線をなし,わずかな平地集落が形成されている。北部海鼠(なまこ)池や貝池は,かつての小湾入が浜堤発達によりせき止められた潟湖で,約3kmの浜堤は長目ノ浜と呼ばれる。周辺は甑島県立自然公園を代表する景勝地

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の上甑[村]の言及

【甑島列島】より

…甑列島とも呼ぶ。北東から上甑島(45km2),中甑島(7km2),下甑島(66km2)の3島とそれらの付属島よりなる。串木野港より定期船の便がある。…

※「上甑[村]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android