上田 三四二(読み)ウエダ ミヨジ

  • 上田 三四二 (うえだ みよじ)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の歌人,文芸評論家,医師 清瀬上宮病院医師。



生年
大正12(1923)年7月21日

没年
平成1(1989)年1月8日

出生地
兵庫県小野市

学歴〔年〕
京都帝国大学医学部〔昭和23年〕卒

主な受賞名〔年〕
群像新人文学賞(第4回)〔昭和36年〕「斎藤茂吉論」,短歌研究賞(第6回)〔昭和43年〕「佐渡玄冬」,迢空賞(第9回)〔昭和50年〕「湧井」,亀井勝一郎賞(第7回)〔昭和50年〕「眩暈を鎮めるもの」,「短歌」愛読者賞(第5回)〔昭和53年〕「島木赤彦」,平林たい子賞(第7回)〔昭和54年〕「うつしみ」,日本歌人クラブ賞(第10回)〔昭和58年〕「遊行」,読売文学賞(第36回・評論・伝記賞)〔昭和59年〕「この世この生」,芸術選奨文部大臣賞(第35回)〔昭和59年〕「惜身命」,野間文芸賞(第39回)〔昭和61年〕「島木赤彦」,日本芸術院賞(第43回)〔昭和62年〕,紫綬褒章〔昭和62年〕,川端康成文学賞(第15回)〔昭和63年〕「祝婚

経歴
昭和23年医師となり、36年国立東京病院、のち清瀬上宮病院に勤務。一方、20年より歌作を始め、「新月」同人を経て、49年より無所属。28年処女歌集「黙契」以後、短歌評論の面でも活動を始め、「アララギの病歌人」「斎藤茂吉論」などを発表。50年歌集「湧井」で迢空賞、評論集「眩暈を鎮めるもの」で亀井勝一郎賞、58年歌集「遊行」で日本歌人クラブ賞、63年小説「祝婚」で川端康成文学賞を受賞。宮中歌会始選者もつとめた。他の著書に歌集「照径」「上田三四二全歌集」、評論・エッセイ「うつしみ」「俗と無常」「この世この生」「島木赤彦」、創作集「深んど」「惜身命」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1923年7月21日
昭和時代の歌人;文芸評論家
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android