コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田 耕冲 ウエダ コウチュウ

20世紀日本人名事典の解説

上田 耕冲
ウエダ コウチュウ

江戸時代末期・明治期の日本画家



生年
文政2年(1819年)

没年
明治44(1911)年1月21日

出生地
京都

本名
上田 万次郎

経歴
円山応挙門下の日本画家・上田耕夫の子。13歳で父を亡くしたのち大坂に赴き、父の親友であった画家・長山孔寅から四条派の画風を学んだ。その後も大坂に定住し、画技を研鑽。90歳を過ぎて大阪天満宮襖絵鷹狩と雪中老松」を手がけるなど、晩年に至っても創作意欲が衰えることはなかった。その子、耕甫も日本画家として一家を成した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

上田 耕冲の関連キーワード庭山 耕園庭山耕園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android