上田 耕冲(読み)ウエダ コウチュウ

20世紀日本人名事典の解説

上田 耕冲
ウエダ コウチュウ

江戸時代末期・明治期の日本画家



生年
文政2年(1819年)

没年
明治44(1911)年1月21日

出生地
京都

本名
上田 万次郎

経歴
円山応挙門下の日本画家・上田耕夫の子。13歳で父を亡くしたのち大坂に赴き、父の親友であった画家・長山孔寅から四条派の画風を学んだ。その後も大坂に定住し、画技を研鑽。90歳を過ぎて大阪天満宮襖絵鷹狩と雪中老松」を手がけるなど、晩年に至っても創作意欲が衰えることはなかった。その子、耕甫も日本画家として一家を成した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android