コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田重女 うえだ じゅうじょ

美術人名辞典の解説

上田重女

幕末・明治の歌人。近江大津生。京都に住した。長沢伴雄の妻。姓は大西・長沢、名は幾・親・千賀。近藤芳介門人。高畠式部大田垣蓮月と併せて当代女流三歌と称される。また書も能くした。著書に『いなはの波』がある。明治27年(1894)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android