コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田 吉二郎 ウエダ キチジロウ

2件 の用語解説(上田 吉二郎の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

上田 吉二郎
ウエダ キチジロウ

大正・昭和期の俳優



生年
明治37(1904)年3月10日

没年
昭和47(1972)年11月3日

出生地
兵庫県神戸市三宮

本名
上田 定雄

学歴〔年〕
神戸第一中学

経歴
大正7年、新国劇沢田正二郎弟子入りし、のち一座を組織するように。昭和14年映画「天下の伊賀越」に出演した時の演技が認められ、日活京都に入社。ドスのきいた声とふてぶてしいマスクで注目を集めた。戦後は東宝と契約し、黒沢明監督の「醜聞」「羅生門」「七人の侍」などに出演、悪役、敵役として好演した。のちフリーとなって、大映、松竹、東映の多くの映画やテレビ映画に登場した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

上田 吉二郎
ウエダ キチジロウ


職業
俳優

本名
上田 定雄

生年月日
明治37年 3月10日

出生地
兵庫県 神戸市三宮

学歴
神戸一中

経歴
大正7年、新国劇の沢田正二郎に弟子入りし、のち一座を組織するように。昭和14年映画「天下の伊賀越」に出演した時の演技が認められ、日活京都に入社。ドスのきいた声とふてぶてしいマスクで注目を集めた。戦後は東宝と契約し、黒沢明監督の「醜聞」「羅生門」「七人の侍」などに出演、悪役、敵役として好演した。のちフリーとなって、大映、松竹、東映の多くの映画やテレビ映画に登場した。

没年月日
昭和47年 11月3日 (1972年)

伝記
巨優 上田吉二郎 高瀬 昌弘 編著(発行元 ワイズ出版 ’98発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上田 吉二郎の関連情報