コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田 吉二郎 ウエダ キチジロウ

2件 の用語解説(上田 吉二郎の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

上田 吉二郎
ウエダ キチジロウ

大正・昭和期の俳優



生年
明治37(1904)年3月10日

没年
昭和47(1972)年11月3日

出生地
兵庫県神戸市三宮

本名
上田 定雄

学歴〔年〕
神戸第一中学

経歴
大正7年、新国劇沢田正二郎弟子入りし、のち一座を組織するように。昭和14年映画「天下の伊賀越」に出演した時の演技が認められ、日活京都に入社。ドスのきいた声とふてぶてしいマスクで注目を集めた。戦後は東宝と契約し、黒沢明監督の「醜聞」「羅生門」「七人の侍」などに出演、悪役、敵役として好演した。のちフリーとなって、大映、松竹、東映の多くの映画やテレビ映画に登場した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

上田 吉二郎
ウエダ キチジロウ


職業
俳優

本名
上田 定雄

生年月日
明治37年 3月10日

出生地
兵庫県 神戸市三宮

学歴
神戸一中

経歴
大正7年、新国劇の沢田正二郎に弟子入りし、のち一座を組織するように。昭和14年映画「天下の伊賀越」に出演した時の演技が認められ、日活京都に入社。ドスのきいた声とふてぶてしいマスクで注目を集めた。戦後は東宝と契約し、黒沢明監督の「醜聞」「羅生門」「七人の侍」などに出演、悪役、敵役として好演した。のちフリーとなって、大映、松竹、東映の多くの映画やテレビ映画に登場した。

没年月日
昭和47年 11月3日 (1972年)

伝記
巨優 上田吉二郎 高瀬 昌弘 編著(発行元 ワイズ出版 ’98発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田 吉二郎の関連キーワードスポーツ・サプリメント海外のサプリメント

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上田 吉二郎の関連情報