コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上町断層帯

1件 の用語解説(上町断層帯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

上町断層帯

大阪府を南北に走る複数の活断層帯。周辺人口がきわめて多く、政府の中央防災会議はM7・6の地震が起きた場合、死者約4万2千人、被害額約74兆円と想定する。地震調査研究推進本部の長期評価では、長さ約42キロ、最新活動時期は9千~2万8千年前、活動周期は平均約8千年。

(2013-04-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上町断層帯の関連キーワード谷町筋断層帯あべの筋上町筋玉造筋なにわ筋野島断層政府の活断層評価黒松内低地断層帯神縄・国府津―松田断層帯

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上町断層帯の関連情報