コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上県[町] かみあがた

百科事典マイペディアの解説

上県[町]【かみあがた】

長崎県上県郡,対馬北西部の旧町。主集落は北端佐須奈良港をもつ。林野が広く林業が盛ん。シイタケを産し,沿岸漁業も行う。御岳一帯はキタタキ生息地(天然記念物)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみあがた【上県[町]】

長崎県上県郡,対馬北西部の町。人口4743(1995)。御(み)岳(479m)を最高峰として標高300m内外の山地が連なり,仁田川,佐護川の二大河川が西流する。海岸線は複雑なリアス式海岸をなし,湾入部の多くは天然の良港となっている。平地が少なく,海岸部の小平地や河川流域に集落が点在しており,国道382号線が縦貫する。役場所在地の佐須奈は古くから朝鮮貿易の窓口として栄え,現在も郡内を管轄する行政諸機関が集中する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報