上矢作[町](読み)かみやはぎ

  • 上矢作

世界大百科事典 第2版の解説

岐阜県南東端,恵那郡の町。人口2980(1995)。矢作川上流の上村川流域の町で,東は長野県,南は愛知県に接する。大部分は木曾山系南端の山地で,集落耕地は河川沿岸のわずかな低地に点在する。中心の上は名古屋と飯田を結ぶ街道沿いに発達した集落である。谷に沿って走る国道257号線は恵那市と浜松市を結ぶ。町域の大部分を占める山林植林が進み県下有数の林業地で東濃ヒノキ産地であり,ほかにコンニャクイモが生産される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android