コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上総の国府

1件 の用語解説(上総の国府の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

上総の国府

上総国は飛鳥時代に誕生し、政治の中心となる国府は、現在の市原市北部にあたる市原郡の市原台地に置かれた。推定地としては市原、能満、郡本、村上の4カ所が挙がっている。奈良時代に国府所在地に作られた上総国分寺跡国分尼寺跡は全国でも最大級規模だった。平安時代に書かれた「更級日記」の作者・菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)は少女時代を上総で過ごし、日記は国府に赴任していた父が都に帰るところから始まる。

(2013-12-16 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上総の国府の関連キーワード飛鳥時代飛鳥文化枢軸総国飛鳥京跡飛鳥の蘇合併で誕生した大崎市《飛鳥時代寺院址の研究》上総国府上総国分寺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上総の国府の関連情報