コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上総の国府

1件 の用語解説(上総の国府の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

上総の国府

上総国は飛鳥時代に誕生し、政治の中心となる国府は、現在の市原市北部にあたる市原郡の市原台地に置かれた。推定地としては市原、能満、郡本、村上の4カ所が挙がっている。奈良時代に国府所在地に作られた上総国分寺跡国分尼寺跡は全国でも最大級規模だった。平安時代に書かれた「更級日記」の作者・菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)は少女時代を上総で過ごし、日記は国府に赴任していた父が都に帰るところから始まる。

(2013-12-16 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上総の国府の関連情報